転職するならポジティブに

27歳で転職に成功した会社員が転職のコツをお伝えします

3大不満を抱えたままでは転職は成功しない

こんにちは!ざらつです。

 

転職する上で転職理由というのは

ものすごく重要になります。

自分のモチベーションになることはもちろん

企業との面接でも、転職後の自分が後悔しない為にも

転職理由は深く考えておきたいところです。

 

新しく即戦力となる人材を獲得したい企業から見れば

大きな実績や魅力のある経歴を持っている人にこそ

転職理由というものが気になります。

採用側から見れば「今の会社での役割・役職を捨ててでも

転職する理由があるのか」と考えることは自然な流れです。

応募者はもしかしたら問題社員では?と勘ぐられるような事は

避けたいところです。

採用担当者が「あれ?」と思わないような

転職理由の伝え方を意識していただきたいです。

採用側へマイナスイメージになる転職の3大不満をご紹介しましょう。

 

 

1.自分に対する会社の評価が不満

現在の会社できちんとした評価をされていないことを

そのまま伝えると、

「本当に評価される働きをしているのか」

「自分の事を過大評価しているのではないか」

という疑問を持たれ、ではどうして評価されないのか

という話になります。

そういう場合大抵は上司が悪い会社が悪い等

不満や愚痴が出てきてしまいます。

当然ながらマイナスイメージとなり良い印象を

与える事が出来なくなります。

採用担当者がなるほどなと納得できる

実績やエピソードを伝えられるように用意しておきましょう。

 

 

2.会社の将来性に対する不満

会社の将来性がなく5年後10年後を見据えての転職は

よくあることです。

しかし、十分にキャリアを積んだ方や

管理職として働いている方は注意してください。

会社の将来性のためにあなた自身がどのような考えで

どのような努力をしてきたかが問われます。

自分の担当業務だけではなく組織全体の事を考え

会社を良くする為にどんな考えでどんな取り組みをしてきたか

自分の言葉で語れるようにしておきたいところです。

やってきた取り組みを伝える事で「行動力」を

アピールする事が出来ます。

 

 

3.職場の人間関係に対する不満

仕事における最大の不満は人間関係にまつわるものだと思います。

より良い環境を求めて転職したい気持ちは分かります。

しかしそれを面接の場で伝えてしまう事は避けたいところです。

応募者のコミュニケーション能力が低く人間関係問題に発展

しているのでは?と思われないようにしましょう。

会社が組織で動く以上、人と人の摩擦は起こりうる事です。

新たな職場になるとゼロから人間関係を構築する必要があります。

転職理由を考えていく中で、自分と向き合いながら

人間関係の不満の原因を消化してから面接に臨みましょう。

 

 

不満を大きな転職理由にしてしまうとやはりマイナスイメージ

になりやすく、転職活動のウイークポイントになりかねないです。

転職活動では後ろ向きな理由ではなく、前向きにポジティブな

理由に置き換えて伝えられるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

転職活動の始め方~基礎準備編~

こんにちは!ざらつです。

 

転職したいと思ってもなかなか一歩を

踏み出せないですよね。

初めての経験ですから誰もが躊躇します。

でも転職で成功している人はいっぱいいます。

転職活動においては正しい情報を集め

とにかく行動することが大事です。

今回は転職活動の始め方をお伝えします。

 

まずは転職計画を立てよう

すぐにでも転職したい気持ちは抑えてまずは一呼吸。

やみくもに動いてもバタバタするだけです。

まずは転職計画を立てましょう。

転職活動を始めてから完了するまで

3か月~半年くらいはかかります。

焦らず一つ一つを進めていきましょう。

新しい職場での仕事開始を新しい年度の4月から

に合わせたいところですが

今現在の職場の仕事の進捗具合も考慮しましょう。

特に長期間のプロジェクトに携わっている場合は

後任者への引継ぎをしっかりと行いたいところです。

有給休暇の消化がある場合も余裕を持った

スケジュールで行いましょう。

 

転職先に何を求めるかを考える

これは転職する理由にも繋がるところです。

転職先にどんなことを求めるのかを

考えていきましょう。

会社選びの時にも基準がはっきりします。

まずは自分の考えを大事にしていきましょう。

転職がお給料面なのかやりがいなのか

はたまたスキルを身に付けるためか

理由は人それぞれ。

どんなことを基準に転職先を選びますか?

 

自分のスキルの棚卸をする

転職活動を成功させるためには

自分のできることを武器にして

強み弱みをしっかりと把握する必要があります。

職務経歴書というもの書いていきますが

今まで自分がやってきた仕事や、

その仕事での成果、

どんなことを大事にして仕事してきたか、

などを踏まえ自分のアピールポイントを絞り込んで

いきます。

アピールポイントはできるだけ数字で表現

できるものが望ましいですね。

初対面の面接相手にも理解しやすく

成果が伝わりやすいように数字で表現しましょう。

考え方や数字で表現できない部分は

より分かりやすい表現が望ましいです。

 

ここまでが転職活動の基礎準備編になります。

次のステップ①ではさらに踏み込んで

転職活動ノウハウをお伝えしていきます。

 

それではまた!

私が転職した理由

こんにちは!ざらつです。

今日も仕事。従業員としてお給料をいただく以上

毎日頑張らないといけませんね。

あなたは今の仕事、環境、人間関係、待遇に

満足していますか?

満足しているかたは幸せな仕事生活を送れてますね。

満足してない方は何かを変える必要が

あるかもしれませんね。

スキルアップであったり、時分のやりたいことを

我慢することかもしれません。

本当に困っているのであれば私は転職も

選択の余地があると考えます。

私もかつて同じように悩み、考え抜いた末

転職しました。

誰もが不安の中手さぐりで転職活動をすると思います。

そんな転職活動を頑張る仲間にちょっとしたコツを

お伝えできればと思います。

 

私が転職した理由

社員の全体レベルが低かった

こんな書き方をすると語弊がありそうですが

転職当時は27歳。社会人として7年目に入り

かなりの部分の仕事を任されていました。

早くに家族を持ったため一家の大黒柱として

家族を支えるためどうしたら良い仕事ができるか

を日々考えながら仕事に邁進していました。

自分で使えるわずかなお金もほとんどを

本代に費やし毎日の通勤電車の中で

勉強に明け暮れていました。

その成果もあってか会社の一部門のリーダー的存在まで

任されるようになるくらいまで成長できました。

しかし、周りの環境といえば

新しいお店がオープンしたからランチに行こうとか

仕事終わりに飲みに行くことばかり考えていたり

という人が多かったです。

仕事に対して前向きにチャレンジする人が

珍しかったように感じました。

同族経営の会社だったので(名前は有名です。。)

緩めの雰囲気だったのかもしれません。

成長志向の私には7年もすれば刺激の少ない職場であると

感じるようになっていました。

 

生活するには給料が低かった

さらに転職を考えた大きな要因の一つとして

給料が低かったことがあります。

手取りで20万ちょっとで家族3人が暮らしていくのは

楽しくも厳しいところでした。

年に一度の定期昇給も雀の涙。

この先30歳40歳と自分のキャリアや収入アップ

のイメージが全くできない状況で

将来には不安を感じることが多かったです。

他業種に就職した同級生の話を聞いたりすると

会社によって給料の差が大きいんだなと思いましたが

自分の中のやりがいを大事にしたいと思う気持ちもあり

なかなか転職に踏み出せない自分がいました。

しかし子供を育てるにはやはりお金がかかります。

人様の家庭と比べることは好きではないですが

家族にもっと良い暮らしをさせてあげたくて

26歳の時に転職を決意しました。

 

もちろん初めての転職でしたので

知らないことがたくさんありましたし

ものすごく苦労しました。

 

このサイトをご覧いただいているあなたには

なるべく少ない労力で転職を成功させて欲しいという思いから

転職応援サイトを立ち上げようと思い今に至ります。

ぜひ転職を成功させましょう!

転職するならポジティブに!

 

それではまた!